ローカルSEO

ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは、全国規模でブランドの検索ターゲットを高めることに焦点を当てているSEOとは異なり、「近く」および「地域」固有の検索クエリを対象としています。ローカルSEOの目標は、ストアフロントを超えてブランドの露出を高め、ローカル見込み客がビジネスにアクセスしやすくすることです。ロングテールSEOとも呼ばれます。
非常に多くの検索者が毎日地元の企業やお店を探しています。ローカルSEOを強化することで、貴重なリード、トラフィック、販売の機会を得ることができます。

  • SEO:全国規模をターゲット:「ブランド名」「商品名」「個体キーワード」

  • ローカルSEO:地元や近場をターゲット:「ブランド名+地名」「キーワード+地名」

ロングテールSEO

ローカルSEOのランキング要因とは?

Googleは、さまざまなローカルSEOランキング要素を調べて、検索ランキングを決定します。これらには以下が含まれます。

  • Googleマイビジネスのリスト

  • ローカルビジネスの引用における名前、住所、電話番号の一貫性

  • ドメイン権限

  • ローカル検索引用の品質

  • 検索結果からのクリック率(CTR)

  • キーワード

  • ユーザーエクスペリエンス(UX)

  • 品質、速度、多様性を確認する

  • リンクシグナル

ローカルSEOを行う方法とは?

ローカルSEOは、さまざまな戦術を活用して、次のようなランキングをランク付けします。

  • ローカルビジネスのSEOキーワードターゲティング

  • Googleマイビジネスの最適化

  • ローカル検索の引用

  • オンライン評判管理

  • リンクビルディング

  • ページ上のSEO

  • ランディングページの最適化

  • コンテンツマーケティング

ビッグキーワードよりもローカルSEOのほうが集客になる?

運営している自社サイトが、ビッグキーワード(単体キーワード)で検索された場合に上位にあるほうが集客になるとお考えの方が意外と多いかもしれません。ネットショップなどで、全国に向けて商品を売りたい場合にはビッグキーワードでの上位表示はかなりの効果をもたらします。しかし、地域限定・地元特化でビジネスを展開されている場合にはそれほど集客には結びつきません。​

お客様側としては、何かのサービスを検索する時「エリア+目的」で検索する場合が多い傾向にあるからです。

例えば便利屋さんや法律事務所や修理業者さんなど、地元およびエリア限定でのサービスを展開されている場合には「目的エリア 目的キーワード」というローカルキーワードで上位表示されたほうがアクセスが集まり、集客に結びつきます。

おまかせ屋

成功例:宇都宮のオリジナルTシャツ販売店

​キーワード「宇都宮 オリジナルTシャツ」

おまかせ屋様

 

宇都宮市エリアでオリジナルTシャツ、オリジナルマスク、オリジナルグッズを販売している会社です。

​「宇都宮」と「オリジナルグッズ」「オリジナルTシャツ」「オリジナルマスク」というキーワードで、ローカルSEOが成功した例です。

遺品整理いずみサービス

成功例:小山市の遺品整理業者

​キーワード「小山 遺品整理」

いずみサービス様

 

​小山市エリアで遺品整理業を行う会社です。「小山」と「遺品整理」のキーワードで、ローカルSEOが成功した例です。また、対応エリアページに小山市以外の市も入れ、他の市でも成功しています。

B型肝炎給付金弁護士サイト

成功例:宇都宮の法律事務所

​キーワード「宇都宮 B型肝炎給付金」

​「栃木 B型肝炎給付金」

B型肝炎訴訟弁護士サイト

 

B型肝炎の給付金の請求に関する訴訟・サポートを行う法律事務所です。「宇都宮」「栃木」「B型肝炎給付金」というキーワードで、ローカルSEOが成功した例です。

弊社で行うローカルSEO

TOP > SERVICES > SEO対策 > ローカルSEO